スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
テレビを支えるテレビボード
ランキングに参加していますあなたの1クリックを何とぞお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



テレビの高さは、観ようとする目の高さの位置に合わせる必要がある。


ラグに座りながら見る時は、見やすいよう低い位置の方がいい。

ソファで座る時は、少し高い位置の方がいい。


ただ実状は、テレビの高さを自由に変えれないのでこうなる。
20090224222727

ソファーの高さに合わせて、テレビボードを選定し、テレビを設置している。


本来なら、ラグで座る高さに合わせてテレビボードを選定し、ソファーに座るときはテレビのみ高い位置に変更できるのが理想だが

テレビの土台がますます大きくなり、見栄えの悪いものとなってしまう。


現在のテレビは

いくら本体がオシャレなテレビでも

土台がかなり大きく、見栄えもよくないため

テレビのデザイン性を損ねているように見える。


壁掛けにすればオシャレだが、マンションなので隣りへの重低音の振動など悪影響が心配だ。

ゲームやDVDレコーダー、端子切り替え用の機器があるため収納も必要である。


またテレビボードも、背は低く、幅が広いのが理想だが

ソファーの高さに合わせると背が高いので、幅も狭く見えて見栄えがあまりよろしくない。

そこで提案。
20090224224610.jpg
テレビの転倒防止をテレビボードでしてはどうだろう。

テレビボードの上で金具等を用いて固定すると見栄えが悪いので、テレビボード内部で土台を挟み込む方式に変更する。

テレビの土台部分をテレビボードに差し込んでセットする。

配線は、土台部分に接続できる仕様とし、テレビ本体とは極力少ない配線で接続する。


現在のテレビボードは、ただ単にテレビを置く際の高さ調整として使用しているだけである

テレビ本体の転倒防止は、テレビ付属の土台で行っているため、架台が大きくなる。

そこで、土台ではなく、テレビボードの重量を利用してテレビを支える方式に変更する。


テレビの土台と、テレビボードへの切り込み&土台セット用のスペースを用意する必要がある。
20090224222724.jpg
テレビの転倒防止を、重量のあるテレビボードで行うことにより

テレビを支える安定性が増すため

従来よりも課題を細くできるというメリットがある

また、テレビの高さを変えても安定性を維持できるというメリットもある。


20090224222722.jpg
スライド式の固定金具を裏面にセットし、自由に高さをスライドできる。


あの大きな土台部分が消え

自分の見る視聴環境に合わせてテレビの高さを変更できる

また、部屋を少しでも広く感じたいときも、テレビを低く設定できる。

テレビボードも、テレビの高さにとらわれず、背は低く、幅を広く見せることができる。


いつも仲良しのテレビとテレビボードであるが

実際には、それぞれの仕事のみを淡々とこなし

お互いの価値を引き立てる存在でない。


双方に改良は必要ではあるが

それによりお互いの弱点を解消し、機能と見栄えを両立できる


こんな身近なところでwin-winの関係を築ける関係性が存在していた。

スポンサーサイト
【2009/02/24 22:27 】 | 生活雑貨 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<風力発電車 | ホーム | 家族の一員となるロボット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。