FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ドライバー協力による道路危険ポイント把握
ランキング参加中1クリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ



車を運転していると、道路のクセというものを発見する。


2車線だったのに、いきなり右車線が右折レーンに変わったり

いきなり左車線がプッツリと止まっていたり

高速道路の入り口と、一般道路が分かりにくかったり

5車線もある道路で、どこを走行していいか分からなかったり

ショッピングセンターの影響で、異常なまでに渋滞している道もある



普段、そのことを認識している人でないとスムーズな運転ができない場所がある。

いずれも把握していないと、周りの車に迷惑をかけたり、事故の原因となりうる。


たまに違う街や県外に行った時に特に痛感する。


ナビの性能向上により、事前に案内してもらうという手もあるが

やはり道路整備により分かりやすい道路を提供してもらうべきだ。


普段、その道を運転している人には気づかない道路の危険ポイントを確実に把握する方法が必要だ。


そこで提案。
20081214214555.jpg
ドライバーによる危険ポイントの報告システムはどうだろう。

図は前に掲載した通報システムの図を流用している。

通報システム

方法は通報システムと同様だ。

報告する対象が、危険車両から、道路の危険ポイントに代わるだけである。

ボタンを2つ備え、2つの機能を持つのが一番よい。

危険車両を見つけた時は、危険車両を通報し

道路の危険ポイントを見つけた時は、危険ポイントを報告する。


ピンポイントで危険ポイントを報告し、ピンポイントで対策を取ってもらう。

この工事何やってんねんやろ?無駄にお金を使って

と迷惑なだけに思われる道路整備より


ここ危ないと思っていた所をよくぞ把握して、対策を取ってくれた。

と思われる方が自治体にとっても良いだろう。


車を運転するうえで、道路事情を知らないためにヒヤリとした経験は誰にでもあるだろう。

ハインリッヒの法則同様、死亡事故が起きてからの対策では遅すぎる。

1の死亡事故が起こる前に、300のヒヤリを把握し対策を取る。

それが交通事故を減らす本当の取組みである。


スポンサーサイト
【2009/01/29 07:29 】 | | コメント(6) | トラックバック(0)
<<reisenthel WALL ORGANIZERをネクタイ掛けとして活用 | ホーム | おせっかい音楽プレイヤー>>
コメント
すばらしい☆
図がすばらしいかどうかは別にして(笑)
書いている事に「なるほど~」「そうだ
よね~」と思いつつウン、ウンと
うなずきながら読んでしまいました☆☆
【2009/01/29 22:12】| URL | コルトン #- [ 編集 ]
こんばんわ☆
いいですね~♪

オリスさんの提案される物は形になったら特許間違いなし!ですね♪♪

応援です凸♪
【2009/01/29 22:13】| URL | なな☆ぷう #- [ 編集 ]
コルトンさんへ
コメントありがとうございます。

図は朝方時間が無かったので、前回の図を流用させていただきました^^

自分の書いた記事で、うなづいて頂けるって本当に嬉しいことですw

ありがとうございました。
【2009/01/29 22:41】| URL | オリス #- [ 編集 ]
なな☆ぷうさんへ
コメントありがとうございます。

特許が取れるかどうかは別として、一般市民としてぜひ実現して欲しいと思います。

誰だって、想定していない所で事故に合うのは嫌ですもんね^^
【2009/01/29 22:42】| URL | オリス #- [ 編集 ]
はじめまして
いつも楽しくオリスさんの
発明を拝見してます。
いつもは楽しく笑っちゃうのですが、
これは真剣に自治体に採用して欲しい
アイディアですね。
【2009/01/29 23:20】| URL | LINDA☆ #- [ 編集 ]
LINDA☆さんへ
コメントありがとうございます。

私もこれは真剣に採用して欲しいです^^

安全な道路を造るには、細部まで道路を知り尽くしている
私たちを調査員として使ってもらうのが一番です^^
【2009/01/30 00:20】| URL | オリス #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。