スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
旧車デザインの復活
ランキング参加中1クリックお願いします



新車が売れていない。

確かに、最近新車が発売になっても「これ欲しい!」と物欲をそそられる車がない。

車は高い。

だから、どうせ買うなら所有欲を駆り立てられる車じゃないと買う気が起きない。

長い期間ローンを払うだけの、見返りが必要だ。

でも現在発売される新車にはそれがない。

高いのか安いのかよく分からない内装。

ヤンチャ系にすれば売れると思っているデザイン。

よくディーラーで試乗してこんなことを聞く。

「フルモデルチェンジして、特に変わったことはなんですか?」

回答はいつもこんな感じだ。

「走りは抜群に良くなっています。あとは~特にないですね。」

これでは、乗り替えてまで買おうという気にはならない。

車からオーラを感じない。

そりゃ高い車はいい。

でも高い車には手が届くはずもない。

最先端の機能も高級車じゃないと堪能できない。

手が届く車に、高いオプションを付け最先端の機能を身につけても自己満足で終わる。

所有欲=人から羨ましがられる、見栄を張れる、自分が車の魅力に酔える

そういう車が必要だ。

日本車の多くにはそれを感じない。

車の価格に幅がありすぎて、果たしてその車が高いのか安いのかもよく分からない。

高いだろうけど、安い方のグレードかも知れないし、よく分からない。

だからそこまで頑張っていい車を買う気がしない。

それならば、いっそのこと車への夢をあきらめて、家族思いの車を選択する人が多いのも頷ける。

燃費ばかり追求してしまうのも分かる。

多少無理をして、ローンを組んでも、ぜひこの車に買い替えたい!

そう思わせる車が必要だ。

そのためには個性が必要だ。

しかし、これだけ新しいデザインが生み出される中で個性的かつ魅力あるデザインがポンポン生まれるとは考えにくい。

機能についても、5年前の車から抜本的に進化した車はなかなか生み出せない。

ここで過去を振り返ろう。

今振り返ると旧車はデザインが秀逸だ。

下手くそだけど、2000GT
TS3E8413_300x225.jpg
トヨタ2000GT

とても何十年も前の車とは思えない。

まるで10年後に発売される未来の車を見ているようだ。

たまに街ですれ違う昔のジャガーにも同じ感覚を抱く。

同じような形の車ばかり発売している現在の車より、過去の車の方がよっぽど新鮮味を感じる。

こういう車が、新車で発売されたらな~といつも思う。

そこで提案。

過去の人気車を、外観はそのままに、駆動系、内装、機能をすべて現在の技術で作って発売してもらえないだろうか。

レトロなデザインなのに、燃費がいい。

レトロのデザインなのに、安全面もいい。

レトロなデザインなのに、壊れない。

レトロなデザインなのに、機能が最新だ。

全て現在では当たり前のことなのに、旧車のデザインを採用するだけで全てが新鮮に感じる。

昔の車を知る人は、過去を懐かしみ

昔の車を知らない若者は、そのレトロなデザインに目を奪われるだろう。

昔から見たら考えられないほどの機能を持っている現在の車に新鮮味を感じなくなった現在、

だからこそ昔の車を用いることでその機能の新鮮味を発見できる取組みだと思う。

さぁあなたも想像してみよう。

自分が昔欲しかった車、自分が昔所有していた車が最新モデルとして発売される姿を。
スポンサーサイト
【2008/11/07 02:20 】 | | コメント(0) | トラックバック(0)
<<所有欲を満たす機能 | ホーム | ブログを始めるにあたり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。